自分でフローリングを補修する

by:

対策生活/暮らし

フローリングに傷やへこみが生じた時、修繕や張り替えなどの方法で補修する事ができます。大きな傷や剥離では専門業者に依頼して張り替えを行ってもらう必要がありますが、小さな傷なら自分で直す方法を試してみましょう。自分で補修するには道具が必要ですが、ホームセンターなどではフローリングの補修キットなどが販売されており、誰でも簡単に使えるのでおすすめです。種類がたくさんあって迷う時は、浅い傷はもちろん、深くえぐれたような傷まで幅広く直せるタイプを購入しておくと再びキズを見つけた時に使用できて便利です。

修繕キットには傷を埋めるための材料が入っていますが、自宅のフローリングに合わせた色を選ぶ必要があります。見本の色と実際に使った時の色の発色が違うので、理想通りの単色は選ぶのが難しいですが、複数の色が入った調合して使うタイプは細かな色の調整ができます。価格は単色の方が安く、複数色タイプはやや高めです。修繕方法の流れとしては、まずキズ口のバリをカッターなどで綺麗に取り除きます。

バリとは傷の周辺の出っ張りの事で、指で触れると盛り上がっている感触がなくなる程度に取り除きましょう。次にキズをワックスなど修繕キットの素材で埋めたら、固まるまで待ち、完全に固まったら平らに整えます。この時、周囲のフローリングを傷つけないように注意して下さい。木目が途切れて不自然な場合は、修繕専用のペンやクレヨンなどで自然に木目を繋げれば完成です。

窓の対策のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です