ランキングで見る外壁塗装に使われる塗料

by:

生活/暮らし防寒

外壁塗装は、外壁を塗料で塗装することで被膜を作り外壁の防水力を高めるというものです。外壁は新築当初は防水力がありますが、時間が経つにつれて紫外線や風雨の影響によってその能力が失われていきます。防水力が失われると水が壁に染み込みやすくなり、壁が脆くなり亀裂や最終的に剥がれ落ちることになります。そのような段階になると修繕する場合には壁を新しくする必要があり、費用も掛かります。

そのような状態にならないようにする修繕方法が外壁塗装になります。外壁塗装といっても塗料に種類があり、ランキングでもよく選ばれているのが、シリコン系塗料です。以前は高級塗料としてはウレタン系塗料が使われていましたが、シリコン系塗料では10年程度がもつメリットがありウレタン系塗料とそれほど変わらない値段なので人気があります。一方で、さらに高級塗料としてはフッ素系塗料がありますが、15年から20年程度もつものの価格もシリコン系よりも2、3倍するためややコストパフォーマンスに劣ります。

また塗料でも油性と水性があります。水性は環境に優しい反面で塗料の食いつきが悪いとされています。近年は改善されたものも登場していますが、機能的には油性の方が優れます。ただし、油性の場合には溶剤にシンナーを使っているため施工中は臭いがきついものになります。

一方で塗料として人気があるのが下地を埋めてしまわない性質のあるものです。近年の建物の外壁は細かく模様が付いたものが主流となっていますが、通常の塗料では塗装することで埋まってしまうものでしたが、人気のある塗料では下地の模様をくっきりと残す性質があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です